玄米の栄養素について教えてください

脂肪燃焼スープダイエットの7日目、最終日は玄米を食べます。

 

そこで、玄米の栄養素について解説します。

 

 

日本人の食生活に欠かせないお米ですが、白米と玄米ではどのような違いがあるのでしょうか?

 

 

玄米は、稲穂から収穫したお米の籾を取った状態を指します。

 

言わば、殻を剥いた状態そのままのお米と考えれば良いでしょう。

 

 

このように、玄米は余分な精製が行われていませんので、

 

果皮、種皮、糠粉層、胚芽、胚乳とお米の主成分がほとんど残っている状態です。

 

 

対して白米は、精製を行った状態になりますので、胚乳しか残っていません。

 

つまり、普段口にしている白米は、お米の胚乳のみということになりますね。

 

玄米は、自然の栄養素をふんだんに含んでいますので、人間の身体に良い影響を与えてくれます。

 

 

最も知られている玄米のメリットが、ビタミンB1を多く含有していることです。

 

玄米のビタミンB1含有量は白米の5倍に匹敵しますので、

 

玄米を食べるだけで自然に摂取することができます。

 

 

さらに、食物繊維の含有量にも優れており、こちらは白米の6倍に価すると言われています。

 

 

玄米は、健康食品の中でも身近な存在ですので、食生活改善の第一歩として最適ですよ。